ヒト幹細胞由来培養上清液

幹細胞培養上清液とは

培養上清液とは、体内に存在する歯髄、臍帯、脂肪、骨髄などの間葉系幹細胞を培養した際に生じる上澄み液のことです。

幹細胞移植などの再生医療治療は、高額であり、規制が厳しく、一般的になるには時間がかかる可能性があります。
しかし、幹細胞の上清液を活用した「幹細胞培養上清液治療(エクソソーム治療)」は、製品の規格が統一されている上に価格も抑えられているため注目されています。

幹細胞培養上清液には、成長因子(サイトカイン)、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの老化の進行を妨げる効果が期待できる様々な成分が含まれていますが、その中でもここ数年で特に注目されているのが「幹細胞培養上清液治療(エクソソーム療法)」です。

幹細胞培養上清液の作用する仕組み

全身の体性幹細胞を活性化する他、高い皮膚再生・血管再生作用、複数の抗炎症作用などが確認されています。

幹細胞培養上清液には、成長因子やタンパク質などの様々な成分が含まれていますが、これらの物質を細胞間に届けるために、エクソソームによる遺伝子伝達(メッセンジャー的役割)が必要です。

特に、幹細胞培養上清液に含まれるエクソソームは、全身の体性幹細胞を活性化するだけでなく、高い皮膚再生・血管再生作用、複数の抗炎症作用などが確認されています。皮膚再生について考えると、エクソソームは、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を促進するため、表皮細胞やコラーゲン、エラスチンを生成する線維芽細胞などの細胞間を移動し、細胞の活性化に必要な物質を届けます。このことで、美肌(抗炎症、皮膚バリア再生、創傷治癒など)やしわ・しみの改善(細胞増殖、皮膚再生)などの効果が期待できます。

幹細胞培養上清液に含まれる成長因子(サイトカイン)の一例

  • EGF:上皮増殖因子(ターンオーバー促進、しみ・くすみ改善)
  • VEGF :血管内皮増殖因子 (発毛・育毛)
  • TGF-β :トランスフォーミング増殖因子(抗炎症・創傷治癒)
  • HGF :肝細胞増殖因子(組織再生)
  • KGF :ケラチノサイト増殖因子(発毛・育毛)
  • IGF :インシュリン増殖因子(皮膚再生・肌の弾力アップ・育毛)
  • PDGF :血小板由来増殖因子(細胞分裂促進、細胞の増殖)

幹細胞培養上清液の種類と安全性

幹細胞培養上清液は、採取した部位によって複数の種類がありますが、歯髄由来、骨髄由来、脂肪由来、臍帯血由来の4つが中心です。

歯髄由来
歯髄由来の幹細胞培養上清液は、ヒトの歯の中心にある神経部分(歯髄細胞)から採取した幹細胞を含んだ培養上清液です。この部分は固いエナメル質・象牙質に囲まれているため、がん細胞の侵入など外部からの影響を受けにくく、非常に質が高い幹細胞を含んでいるとされています。歯髄幹細胞は赤ちゃんから老人までのどの年齢層のヒトにも存在しますが、若い細胞の方が成長因子を多数含んでいるため、幹細胞培養上清液として使用する際には乳児の歯(乳歯)を使用します。

脂肪由来
脂肪由来幹細胞は、身体の中にある幹細胞の一種で、他の部位から採取するよりも採取が簡単であるため、医療のさまざまな分野で使用されています。再生医療の分野では、骨や軟骨、神経、筋肉、皮膚などを治療するための有望な治療法として注目を集めています。脂肪由来幹細胞は、脂肪吸引による方法で採取され、処理によって幹細胞が分離されます。

臍帯由来(ウォートンジェリー)
臍帯血由来幹細胞は、赤ちゃんと母体をつなぐ臍帯血から採取される幹細胞です。この部分には、赤ちゃんの発育にとって必要な様々な栄養素が含まれていますが、逆に若い細胞が多く、移植後の定着力が遅いというデータもあります。現在は骨髄由来幹細胞と同様に、機能障害や白血病などの血液疾患の治療に多く使用されています。
幹細胞培養上清液療法がもたらす美容効果とは?
美容の効果

当院では臍帯由来のものを使用しております。
また当院では、幹細胞培養上清を作成する際に、動物由来成分混入によるアレルギーなどのリスクを排除するために、動物由来成分不含有(Animal Origin-Free: AOF)培地を使用しています。

幹細胞培養上清液の効果

当院の幹細胞培養上清液療法


「幹細胞培養上清液療法」とは、「幹細胞培養上清液」を用い、さまざまな病気や不調の改善を促そうという治療です。
※まれに、アレルギー等発生する可能性があります。

当院では以下の投与方法がございます。

点滴

血流に乗せて疾患のある部位まで到達させ、または全身に行き渡らせることにより、エイジングケアや体質改善に有効です。

局所注射

特に効果を得たい部位がある場合に有効です。